室内照明をより明るく!LEDの正しい使い方

  • By :

LED照明の特性と従来の照明機器との違いについて

LED照明は明度が高く、光が拡散しにくい特性があります。そのため、投光器や天井が高い吹き抜けの照明などに最適です。また、従来の電球や蛍光灯と比較して消費電力が少なく、耐用年数が長いことから維持コストを低く抑えることが出来るのも大きなメリットです。LED照明は長く使い続けることが出来るので近年では住宅用の照明機器として使われるケースが増えていますが、従来の照明設備には適合しないこともあるので注意が必要です。特に築年数が長い住宅では備え付けの設備で使うことが出来ないことが多いので、LED照明に交換する際は事前の確認が不可欠になります。また、LEDは長時間使い続ける用途で作られているので、頻繁にスイッチを切り替える住宅の照明には蛍光灯など従来の照明機器が適しているケースもあるので慎重に判断します。

LED照明で部屋を明るい状態に保つためのポイント

LED照明で部屋を照らす際は使用する機器の性能を正しく理解することを心がけます。住宅向けのLED照明は光が拡散しやすいデザインの形状になっている製品が多いので、部屋の用途や広さに適した物を選びます。また、LED照明の耐久性が低下するのを防ぐために、頻繁にスイッチを切り替えるのを避けることも大切です。住宅でLED照明を使う際は長時間照らし続けることが多い部屋を選ぶのが居住空間を明るく保つ条件になります。照明機器は夜間に使う機会が多い一方、屋外の状況によっては日中でも使用することがあります。LED照明は明るさの調節が可能な製品もあるので、最適な明度に合わせることで室内の明るさを快適な状態に保つことが可能です。

LEDライトパネルは、工業製品だけでなく、今や家庭内の家電製品に多く用いられており、明るさを調節するだけでなく、インテリアとしても活用することができます。