設計業界におけるCADのすばらしさはここにある!

  • By :

CADの歴史について

もともと製図のためにCADは開発されました。CADはいわば、コンピューター上で製図をかくことができます。製図の前まではドラフターという大きな画板に定規を組み合わせてシフトさせながら線を引いてきました。消しゴムで消したりすることによる汚れや、線の太さや濃淡の不均一さで製造側のように見る人にとっても苦労を強いられるものでした。また、実際に紙をもって移動しながらコミュニケーションを図っていました。これを効率化させたのはCADで、簡単に線を引くことができ消すことも容易ですので設計のアイデアが反映させやすく、また、変更も簡単にできるようになりました。とても見やすく、データーを転送するだけでコミュニケーションができる時代になりました。

CADの利便性の紹介

CADは2次元で設計することから3次元で設計することに変わりました。これにより、3次元で複雑な構造を設計した後に簡単に断面などを切るなどして2次元図面に変換することができます。さらには、製作した3次元データを解析にかけることで変形や耐力などあらゆる検討をすることができるようになりました。CADは各社でソフトを開発して提供していますが、中間ファイルといって互換性のあるファイル形式をつかってやり取りすることができます。ただし文字化けや面の欠如が発生することがありますので修正する配慮が必要です。また、簡易的なものではフリーソフトが流通していますので利便性が高まっています。

水道CADとは水道工事に特化したCADのことで、上下水道の申請書及び設計図の作成などを効率的に行うことができます。