合宿免許を短期で取得することのメリットとデメリット

  • By :

運転免許は時間をかけるほど不利になる?

運転免許は、時間をかけるほど不利になるという意見があります。その理由として、時間が空いてしまうと、前に習ったことを忘れてしまっているからです。合宿免許の場合には、前日に習ったことは、次の日にはまだ覚えていることも多いため、スムーズに技能が身についていきます。運転免許での技能は、段階的に身につけていく必要があるため、前に習ったことを忘れていると、次の段階に進むことができません。大学生の場合、1週間~2週間くらい空いてしまうということもよくありますが、前に習ったことを忘れていて、前回の復習でかなり時間をとられてしまうということもよくあるようです。

短期で免許をとることのメリットとデメリット

短期で免許をとるために一番効率の良い方法は、合宿免許を利用するということです。泊まり込みで毎日教習を受けることができるので、多くの人は最短コースで免許を取得してしまいます。延長がある人でも、2日~3日程度ですむことが多いようです。メリットは、最短で免許を取得できるという点と、延長になって追加料金がかかったり、結局免許を取得できないまま契約期間が過ぎてしまうというリスクが少ないという点です。

デメリットとしては、まとめて2週間程度の時間を作る必要があるという点です。忙しい社会人の場合には、たった2週間でも時間を作ることは難しくなるでしょう。また、泊まり込みで免許を取得しますが、場合によっては相部屋になることもありますので、知らない人と寝泊りをすることが苦手な人には不安かもしれません。

普通に免許を取得しようとすると長期間かかってしまいます。ですが、合宿免許ならば、宿泊しながら短い時間で集中して取得することができるのです。